抵当権抹消登記手続きを自分でするホームページ

住宅ローンなどの抵当権抹消登記手続きを分かりやすく解説。抵当権抹消登記申請書ひな形も。平成27年11月法改正対応済!ご利用は無料です。H28.1サイトリニューアルいたしました!

抵当権抹消登記必要書類の準備


■ 金融機関から預かった書類の空欄をうめましょう。

登記原因証明情報を記入する。
「弁済証書」とか「解除証書」といったタイトルになっている場合もあります。
 抵当権抹消の日付け(年月日解除、年月日弁済など)は、返済した日にち(最終の引き落としの日にちなど)ですが、 分からなければ金融機関に問い合わせて下さい。
 物件(不動産)は、登記済証(抵当権設定契約書など)に記載されている不動産を記入します。 ただし、登記簿の表示は、行政区画の変更などで変わっている場合もあります。そのため、 正確な記載をするには、登記事項要約書などを法務局で取得して確認する必要があります。法務局によっては、今現在の正確な記載を求められることがありますので、注意して下さい。
なお、登記簿は、パソコンから取得することも可能です。パソコンで取得するのが一番安く済みます。
 → 登記簿をPCで取得する


金融機関の委任状を記入する。
 受任者の欄に、物件所有者の登記簿上の住所氏名を記入します。
 抵当権抹消の日付け(年月日解除、年月日弁済など)は、登記原因証明情報と同様に、 返済した日にち(最終の引き落としの日にちなど)です。分からなければ金融機関に問い合わせて下さい。
 委任者である金融機関の委任日は、返済日以降の日付であれば特に問題ありません。  抵当権の解除日や弁済日と一緒の日付にしておくと無難です。

NEXT → 5.登録免許税の準備

↑ PAGE TOP