住宅ローンなどの抵当権抹消登記手続きを分かりやすく解説。抵当権抹消登記申請書ひな形も。平成27年11月法改正対応済!ご利用は無料です。H28.1サイトリニューアルいたしました!

登記簿をPCで取得する。


■ 登記簿はパソコンで取得できるんです。

 登記簿の情報は、「インターネット登記情報提供サービス」のサイトから、 インターネットで取得することも可能です。
インターネット登記情報提供サービス

 不動産登記情報(全部事項又は所有者事項)、商業・法人登記情報(全部事項)の内容を インターネットに接続されたパソコンの画面上で確認することができます。 インターネットで登記情報を取得するには、正確な地番や家屋番号が分からなければなりません。 なお、マンションの場合は、マンション名と部屋番号が分かれば、法務局が電話で教えてくれることもあります。
 なお、サービスは有料で、利用者登録して利用する方法と、 クレジットカードの即時決済により一時利用する方法があります。 情報の取得には、1物件につき、337円かかります。 利用者登録をする場合は、別途、初期登録料がかかります。 個人登録利用の場合と、法人登録利用の場合で初期登録料は異なりますが、数百円程度です。 法務局で登記事項証明書を取得すると1通600円かかるので、 インターネットの一時利用で取得すればお得です。 ただし、表示される情報は、コンピュータ化されている登記所で交付される 全部事項証明書と同様の内容となっていますが、認証文はありませんので、 どこかに提出する必要があるのであれば、「認証文の付かない登記情報」でいいのか、 提出先に確認する必要があります。照会番号を付けて取得することもでき、 提出先によっては、照会番号が付いていればOKな場合もあります。 照会番号を付けるには、別途費用はかかりません。 抹消の登記申請をするための確認に使用するのであれば、 認証文がなくても特に問題ないでしょう。
 ちなみに、表示された登記情報は、一定期間を過ぎると閲覧できなくなってしまうので、 忘れずに保存しておきましょう。

 登記情報提供サービスは、認証文のない登記簿の情報を、パソコンの画面上に表示させる方法ですが、 そうではなく、ネットで交付請求をして、郵送で登記事項証明書の原本を送ってもらう方法もあります。
登記・供託オンライン申請システム
(「かんたん証明書請求」というものです。)
 この方法だと、法務局の窓口で取得するのと同じ認証文付きの登記事項証明書が入手できます。 請求して費用を所定の方法で振り込むと、翌日か翌々日には手元に届きます。 パソコンで交付請求だけ行って入金し、法務局の窓口で受け取る方法もあります(謄本代はこの方法が一番安くすみます)。 費用も下記のとおりで、法務局の窓口で交付請求するより安くすみます。 郵送費もかかりませんので大変便利です(書留や速達を選択した場合は、これらの実費がかかります)。
● 登記所の窓口で登記事項証明書を受け取る場合 → 1通につき480円
● 登記所から送付する方法で登記事項証明書を受け取る場合 → 1通につき500円
(注)1通の枚数が50枚を超えるものについては、その超える枚数50枚までごとに 100円を加算した額となります。
手数料の納付は、インターネットバンキング、モバイルバンキング又は電子納付対応のATM を利用して行うことができます。

↑ PAGE TOP